一人で生きていく独身の人へ

最近は、結婚をせずに仕事を続ける女性が増え、女性の生き方も多様化してきている。それに伴い、女性も保険の種類を考えなくてはならなくなった。
結婚をすると夫ができて、子供もできる可能性が高くなる。独身の女性は、基本的に一人で全てを賄うことを検討しなくてはならない。生命保険をどうするかを悩む人も多いようだが、独身の人は生命保険をそこまで厚くする必要はないようだ。ただ、親にお金を残したいなどの希望があるのであれば、話は別となる。その時は、加入する時に担当者へ相談すると良いだろう。
結婚をすると、老後も夫や誰か他の家族と暮らす可能性が高くなる。独身の女性も、今は親と暮らしていても、ゆくゆくは一人暮らしになることを覚悟しなくてはならない。二人暮らしだと家にかかるお金をシェアできるが、一人暮らしだとそうはいかないのだ。特に、独身であれば老後の保障や掛け捨て型・貯蓄型どちらにしようかと、かなり悩んでいる人もいるだろう。その時、独身の人は老後の保障を厚くして、貯蓄型でお金を残す方向性で検討する必要がある。一人で全てを賄っていかなければならない人は、家族など身内が少ない傾向にあるので、基本的にはお金で解決していくことになるのだ。だからこそ、独身の人は少しでも現金を残していく方向性で考えなければならない。
独身でどのような保障にしようかと悩んでいるのであれば、亡くなった後以外は基本的に現金が少しでも多く手元に残るタイプの保障を選んでいくといいだろう。